FC2ブログ

E-tomo BANK

「伝えます×届けます×今、ここにある想い」のバンクブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

三菱UFJ、自行あて振込手数料無料化。

■銀行の儲けすぎ批判をかわす、ひとつの方法。

 三菱UFJフィナンシャル・グループは、傘下の三菱東京UFJ銀行と三菱UFJ信託銀行の本支店あて(振り込み口座と受け取り口座の支店が同じ、もしくは異なる場合)振り込みについて、個人顧客が現金自動預払機(ATM)でキャッシュカードを利用したり、インターネット取引を行ったりした場合は手数料を無料にすると発表しました。

■窓口受付、他行あてについては現状維持。

 現金や店舗窓口を利用しての振り込みは対象外とするとともに、他行あての振り込みも現行水準を維持するみたいですね。確かに現行の振り込み手数料って高いですよね。まあ、銀行マンとして、それが銀行の収益だと思うと、高いと安易に批判なんて許されないんですけど、いち顧客として考えれば「やっぱ高いかな。」と思います。

■顧客に還元する金融サービスの二極化。

 この三菱UFJの例は「約4000万人に上る国内最大の個人顧客」の全員が享受できるすごいメリット。でもこれは目新しいサービスじゃなくて、新生銀行は発足当初からこのサービスはしているんですよね。でも口座数や顧客数を考えると、三菱UFJが取り組んだことはすごい決断。

 これは多くの個人顧客が助かるんで、すごくいいんです。でも、今後は金融サービスの二極化が進んでいくと僕は思っています。他の銀行では取引状況(給与振込、年金指定、公共料金引落、ローン利用、提携カード引落などなど)を数値化し、その取引振りによって金融サービスに差をつけています。振込手数料の割引や金利優遇、ATM利用料の無料化などなど

 銀行という公共性の高い事業を営んでいる以上、大きな『サービス格差』は避けるべきとの批判はあるかもしれません。しかし、銀行は取引振りが良好な顧客に対しては銀行としても差別化を図って、顧客取り込みを進めていきたいと考えているはずなんです。金融サービスはすべての顧客に対して提供します。でも、取引が今後も深く見込めるお客様には、もっと金融サービス(粗品の内容もグレードアップ!などなど)をお得感たっぷりとなるようにサービスが大きく変化していくと僕は思っています。そうでなければオーバーバンキングといわれる日本で勝負していくことはできないんじゃないかなと。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/でリンクが載っていたので、見に来ました。また見にきます。(^^)

健三 | URL | 2006年03月04日(Sat)07:21 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。