E-tomo BANK

「伝えます×届けます×今、ここにある想い」のバンクブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

滋賀県にJリーグの夢を。

■滋賀県の地理的要因。

 県土の大半を「湖」が占め、東西南北の交流を妨げる要因となっている滋賀県。県のシンボル、環境保全活動のシンボルとなりうる資源を「交流の妨げ」と断罪するのは、いささか心が痛いところでもあるのだが、あえて言わせてもらうと真ん中に湖って「やっぱ移動がツライ」んだよね。それがスポーツに限らず、いろんなところで影響を及ぼしているのは事実だと県民として思うんです。北部に住む県民の情けない遠吠えかもしれませんが…

■注目の滋賀県「スポーツクラブ」。

 僕が第一に注目してるのが「滋賀FC」です。サッカーのクラブチームですね。先日13日には「滋賀FCプロ化発起人会」の初会合が催されました。うれしいですね「プロ化の明言」は。盛り上がっちゃいます、勝手にだけど(^_^;)知り合いが所属しているので、やっぱ肩入れしちゃいますよね。

 もう一つ、サッカークラブチームを紹介しますね。「FC Mi-O びわこKusatsu」です。チーム母体は昨年シーズンまでは関西リーグ2部に所属していた佐川急便京都。諸般の事情から「廃部」となり、受け皿として手を挙げたのが「FC Mi-O」でした。経営母体は県内の企業であり、企業型スポーツといった面はあるかと思います。

■総合型地域スポーツクラブを目指しているチーム。

 それが「BIWAKO SPORTS CLUB」。クラブの主な活動は「サッカー」で、このクラブはジュニア世代からの一貫した育成にも力を入れており、上記2チームとは存在において一線を画している面があります。サッカーの強い弱いは関係なく、理念が。今年からは日本一大きな湖、琵琶湖と比良山系に囲まれた大自然の中で、健康維持増進者からトップアスリ-トを目指す選手まで多志向の会員に対応できるよう協力・支援プログラムから多種目総合型地域スポ-ツクラブへの発展を目指していくとの目標設定がされていて、今後が楽しみなクラブです。僕の住んでいる地域に近いクラブであり、非情に親近感を覚えちゃったりもしてます(^_^;)

■最後に野球クラブチームの「OBC高島」を紹介

 何度か僕のブログ上で取り上げてきました「OBC高島」。ここも地元。こないだスタジアムに行ってきました。まだまだ広報も足りないし、地域で盛り上げるステージまで到達していない感はありますね。ま、これは地元だから感じるんでしょうけど。地元の選手受け入れ、地元企業のバックアップと徐々にではありますが支援体制も整ってきている様子。これからはファン獲得にガンバって欲しいですし、協力もしていきたいなと思っています。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。