E-tomo BANK

「伝えます×届けます×今、ここにある想い」のバンクブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

銀行窓販の追加解禁を考える。

■保険商品の銀行窓販が追加解禁(2005/12/22より)

 僕の勤務する銀行で取り扱える保険種類が増えました。今回の規制緩和により増えたのが「一時払い終身保険」「一時払い養老保険」「積立傷害保険」の3種類です。これまでの取扱は「個人年金保険」だったのですが、新たに『死亡保障』を行う生命保険商品を取り扱えるようになりました。国内生保も本格的に販売チャネルを従来の生保レディから銀行窓販へシフトしてきた感がありますね。完全解禁は2007年でこの時には生命保険や医療保険なんかも取り扱えるようになるそうですね。

■銀行側のメリットは「販売手数料による収益アップ」!

 とは言うものの、実際販売するのは営業店(銀行の本支店)の行員であるわけで、負担増は免れないです。銀行を拠点とする『金融サービスのワンストップチャネル化』はよい傾向かと思います。色々な金融サービスを銀行窓口一本で対応してもらえるというのは、ユーザーにとって便利だと思いますし。しかーし、銀行員個人に求められるスペックも高まる一方…。当然という向きがあるかもしれませんが、保険会社が専任で販売している商品をあれもこれもの銀行員が販売するのはどうかと…。行内でも分業というのが図られるとよいのですがね。

■契約者保護のためのコンプライアンス(法令順守)体制強化が課題。

 一方で、銀行窓販においてトラブルが発生していることも忘れてはなりません。これは自分自身への戒めでもあります。トラブルの主な原因は、『勧誘対象者に高齢者が多く、変額個人年金保険、外貨建個人年金保険といったリスク商品に関して、十分理解しないまま契約するケースが多いこと』にあると言えます。預金者にとっての虎の子の預金。これを運用するわけですから、コンプライアンスはすごい大切。お客さんを守るためでもあり、販売者もルールに則った販売であったことを証明するものです。再度、認識していかねば(-_-)
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして。
銀行窓販って言葉に惹かれて飛んできました。バンカーの保険営業、これからどんどん進んでいくんでしょうかね。
「一時払い」の貯蓄モノは、それなりの成果が上がりそうな気がしますが、2007年以降、通常の生保商品は果たして・・・。
これから目が離せません。

たいちょー | URL | 2006年01月20日(Fri)17:03 [EDIT]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。