E-tomo BANK

「伝えます×届けます×今、ここにある想い」のバンクブログ!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

将来の自分の住宅状況を妄想してみる。(2)

■ライフスタイルを妄想…、想像する。

 前回の同タイトルでは、かなーり持ち家にネガティブな情報(しかも経済的な面のみ)ばかりを書きました。とは言っても、世の中「持ち家」を選択する人がいるのも事実。こんなネガティブな情報が氾濫している中、どうして彼らは購入という選択をしたのでしょうか?そのキーワードは「ライフスタイル」にあると思います。

■リスクを超える「満足」や「クオリティ」を想像する。

 どう考えたって、リスクを考えると賃貸の方が柔軟に対応ができるのは事実だと思います。しかし、そのリスクを超える「何か」が持ち家にはあるから、家はどんどん建っていくんですよね。その「何か」とはなんでしょうか?…正直に言うと、答えはありません。

 うわー、ここまで引っ張っておいて…<(_ _)>ただ、僕が思うことは答えは「形や数値」で表せるモノではないということ。それは「満足」といった定性的な部分なのかなと。持ち家であることから得られる「信用」や、「安心感」と言ったものは賃貸からは得られないものですよね。いつでも思うように内装をいじっちゃったり、リフォームしたり出来るのも持ち家のいいところ。一方で、賃貸は転居すれば気に入った内装を再度手に入れられる。それぞれいろんな「満足の取得手段」は用意されているんです。前回に論じた「経済的合理性の視点」もその一つ。その得られるものをライフスタイルに合わせて総合的に足し算引き算していったところに「住宅購入のあなたの正解」があるんだと思います。

■いやー、柄にもなく真面目に書いちゃったよ。

 人に自分の住宅に対する考え方を人と話していたら、柄にもなく熱くなって「現時点での考え」をまとめておこうと思って、キーボードを叩きました。将来、自分はこうしたい、あーしたいというものを持つことは良いことです。それは仕事も家に対する計画も一緒。それを叶えるために動けるじゃないですか。僕は常に満たされることはない。器の形は日々、変化しているから(^o^)…ん?シメは住宅とは関係なかったですね。とにかく、住宅講座ここにて終了ぉぉ~!!!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。